サイトメニュー

視診や検査で診断をします

看護師

液体窒素や炭酸ガスレーザーの治療

いぼは皮膚が柔らかく、衣類やアクセサリー類で摩擦を受けやすい部分に出来ます。脇の下や首、胸などに出来ているのを発見した時は、早めに美容皮膚科を受診することが大事です。加齢や紫外線などが原因の場合は、人に感染する心配はありません。ウイルスが原因の場合は、健康な皮膚に広がってしまったり、人に感染する可能性があるので、早めに治療を受けることが大事です。いぼ治療には、液体窒素などで焼き取る方法と、炭酸ガスレーザーなどのレーザー治療があります。液体窒素のいぼ治療の場合は、保険適用が受けられるので、費用を抑えたい人に人気があります。液体窒素の場合は、施術後に多少の痛みが出来たり、色素沈着が見られたりすることもあります。仕上がりの美しさを重視したい場合は、レーザーや炭酸ガスレーザーがお勧めです。基本的には保険適用は受けられませんが、傷跡が残らず色素沈着も起こりにくいなどのメリットがあります。液体窒素に比べると、仕上がりが美しいので美容面を重視したい人にお勧めします。信頼できる医師が在籍をしている美容皮膚科を選ぶと、最適な治療法を提案してくれます。いぼの数が少なかったり、小さめの形状の場合は液体窒素がお勧めです。費用を抑えることが出来ますし、3割負担で治療が受けられます。

いぼは体や顔の目立つ部分に出来るため、見た目の印象が悪かったり、手触りが悪いので悩んでいる人がほとんどです。美容皮膚科のクリニックでは、電気メスやはさみなどの除去なども行っています。ウイルス性のいぼの場合は、自分で切ってしまうと、健康な部位に感染してしまうので絶対に避けて下さい。ウイルス性のものなのか、老人性のものなのか、素人は判断をするのが難しいです。事前に予約を入れておき、視診や検査などを受けて診断をしてもらうことが大事です。美容皮膚科のクリニックでは、カウンセリングを受けた当日にいぼ除去をすることはありません。治療を受ける場合は、同意書に捺印や署名をする必要があります。美容皮膚科に通院をする時は、健康保険証や印鑑、身分証明書は忘れずに準備をして下さい。時間を掛けて説明をしてくれるので、納得が行くまで説明を受けることが大事です。施術を受ける当日は、清潔な個室で治療が受けられるので、プライバシーは厳守してくれます。いぼ治療を受けた後は、患部を消毒したり、内服薬を服用する必要があります。定期的な通院が必要なので、アフターケアが丁寧な美容皮膚科を選んでおくと安心です。施術後は肌色の絆創膏を付けてくれますが、日焼けをしないことが大事です。

Copyright© 2019 女性は顔について悩みの原因はいろいろある All Rights Reserved.